問い合わせ・店舗検索

お問い合わせはこちら
0120-8210-45
10:00-19:00土日祝OK!
WEBでお問い合わせする お近くの店舗を探す

リフォームメニュー

EV充電器リフォーム

商品詳細

EV充電器 Panasonic ELSEEVcabi BPE021

標準配線工事費込み 税別99,800

屋内外に設置するものだから、安心の機能が満載です!

安全性・機能性も充実

インターロック機構を搭載し、扉には鍵付ハンドルを採用。
夜間でも操作しやすいよう手元表示灯を内蔵。

EV充電用コンセントのロック機構

電気自動車の充電ケーブルに求められる抜け防止機能としてコンセントカバーと(専用)電源プラグ※1の突起部が引っかかりロックされる構造です。電源プラグをコンセントに差し込むだけで簡単に接続でき、操作性に優れています。


注) 電源プラグはしっかりと奥まで差し込んでロックをしてください。 差し込み不十分な場合、焼損や火災の原因となります。

※1 専用の[EV・PHEV充電用]電源プラグ以外のプラグを使用する場合ロック機能は働きません。
※ 毎日のご使用を考慮し、90~120cmの高さに設置することをおすすめします。

シンプルなデザインだから住宅やオフィスなどにも!

デザイン性について

プライベートエリアに、パブリックエリアに、200Vコンセントを搭載した壁面取付タイプの充電ボックスです。

プラグの接続方法ををご紹介します!

プラグの接続方法

EV充電器_BPE021_接続方法_画像.jpg
①扉を開けコンセントカバーを開く。
②(専用)電源プラグをコンセントに挿入する。注1.2
 ※コンセントカバー部にプラグの突起部が引っ掛かり、ロックされます。
 
③ケーブルを通線口に通し、扉を閉め鍵をかける。注3
 ※扉が確実に閉まらないと充電できません。
 ※ケーブルは無理に曲げないでください。
 

注1:電源プラグはしっかり奥まで差し込んでロックしてください。差し込み不十分な場合、焼損や火災の原因となります。
注2:差し込み後、プラグを軽く引き、抜けないことを確認してください。
注3:感電および火災の恐れがありますので、ケーブルを扉で挟み込まないように注意して閉じてください。

※充電開始・終了作業につきましては車両側の取扱説明書に従って作業してください。

EV充電用コンセント適用プラグについて

PanasonicのEV充電用コンセントは、日本配線システム工業会規格JWDS-0033に準拠した、電源プラグ※1に対応しています。
EV・PHEVの充電には専用電源プラグ※1をご使用ください。


注) [EV・PHEV充電用]電源プラグ以外のプラグを使用する場合、通電は可能ですがロック機能は働きません。
また、プラグ※2については、使用できませんのでご注意ください。

※ご使用の車両の充電ケーブルのプラグ形状を事前にご確認ください。

標準タイプ 採用上のご注意

ご使用の充電ケーブルの電源プラグ本体(栓刃部含まず)からコントロールボックスまでの長さが250mm以上あれば使用できます※1。
それ以下の場合は、コントロールボックスが扉に干渉するおそれがあります。
あらかじめ長さをご確認の上、ご採用ください。

その他、製品の主な仕様です。

主な仕様

タイプ:EV・PHEV充電ボックス(200V用)
定格:20A 200V AC(単相)
筐体材質:鋼板
使用温度範囲:-10℃~+40℃
サイズ:幅21.0×高さ40.0×奥行き14.5cm
設置方法:壁付け方式
設置場所:屋内・屋側

※EV:電気モーターを動力源として動く電気自動車
 PHEV:プラグで充電可能な電池とエンジンの双方を
 搭載し併用して走行できるプラグインハイブリット車

【ご注意ください】

※追加工事費は別途となります。
※充電ケーブル・プラグは付属しておりません。詳しくは店舗までお問い合わせください。
※追加オプションは受注不可となります。