問い合わせ・店舗検索

お問い合わせはこちら
0120-8210-45
10:00-19:00土日祝OK!
WEBでお問い合わせする お近くの店舗を探す

リフォームメニュー

太陽光発電・蓄電池

商品詳細

おひさまCARルーフ TOSHIBA TGX280PMWHTJ

標準工事費込み 税別1,900,000

ご自宅のCARルーフを有効活用!自家発電で光熱費削減!

単結晶モジュール(パネル)

■280Wの高出力な単結晶セル
280Wの高出力な単結晶セル4本バスバー電極※1の採用により、電極間の送電距離を短くすることで、電気抵抗を抑えて高出力を可能にしました。

■反射による光の損失を抑える「ARコート※2」を採用
反射による光の損失を抑えるため、ガラス表面にARコート※2(反射低減コート)を採用。
しっかりと太陽の光を取り込むことで、発電効率を増大させています。


※1 太陽電池セルで発生した電気を集める電極のことです。
※2 Anti-Reflective Coated:ARコートはガラス表面の屈折率を下げ、反射損失を抑えます。
※ 3 公称最大出力であり、JIS C 8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/m2、モジュール温度25℃での値です。

● 太陽電池モジュール毎の色味が異なる場合があります。
● 画像はイメージです。

パワーコンディショナ

・屋外壁掛け設置向け
・接続箱機能内蔵で接続箱の設置が不要
・出力制御対応

カーポート

充実のラインナップ。3タイプ、全10パターンよりお選び頂けます。



※本サイトに掲載はタイプB(2台用です)

主な仕様

【太陽光電池モジュール】
形名:TGX-280PM-WHT-J
セル種類:シリコン単結晶系
セル実効変換効率※1:19.1%
最大モジュール変換効率:17.1%
公称最大出力:280W
公称最大出力動作電圧:31.0V
公称最大出力動作電流:9.02A
公称開放電圧:38.9V
公称短絡電流:9.55A
質量:19.0㎏
外形寸法(㎜):W1,650×D40×H990

※1 各モジュールのシリコン単結晶系としてモジュール化後のセル実効変換効率。最大モジュール変換効率とは異なります。JPEA代行申請センターが定めた計算式から算出しています。
* 表記の数値は、JIS C 8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/㎡、モジュール温度25℃での値です。

充実のエディオン保証とメーカー保証で買った後も安心!

モジュール出力20年保証(無償)

設置モジュールの出力値を長期間保証します※1。

● 太陽電池モジュールの出力について、モジュール製品そのものの問題で当社規定の発電量に満たない場合、モジュールの修理または代替品への交換を行います。(供給できる代替品は、仕様や太陽電池モジュール毎の色味等が異なる場合があります)出力測定は、当社基準の試験条件・方法によるものとします。
● 太陽電池モジュールの公称最大出力の数値および設置機器の保証値は、JIS C 8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/㎡、モジュール温度25℃での値です。
● 実際に使用したときの発電量は、日射量や設置条件(方位・角度・周辺環境)、地域差および温度条件によって異なることがあります。

※1 東芝エネルギーシステムズ株式会社の定める保証約款に該当する場合において。

機器10年保証(無償)/機器15年パワフル保証(有償)

システム機器が故障したときに無償で出張点検・修理、機器交換をします※1。
システム契約時に、機器は有償にて10年から15年に延長できる「機器15年パワフル保証(有償)」を選ぶことができます。

● システムを構成する機器または各部品に製造上の不具合が発見された場合。(お客様または第三者の故意、過失、設置環境、施工不良による場合は、保証対象外となります)





※1 東芝エネルギーシステムズ株式会社の定める保証約款に該当する場合において。

10年間自然災害補償制度

自然災害補償も付帯されているため、長期にわたり安心してお使いいただけます。

補償対象となる機器
・太陽光電池モジュール
・パワーコンディショナ
・架台(カーポート・取付金具)
・表示モニタ※1
・以上の付属品または付属配線であって、設置時に供給されたも


※1 表示モニタはオプションにてご用意可能です(料金別途)

メンテナンスサポート

メンテナンス専門会社によるメンテナンスサポートを標準付帯。
設置後1年面目、5年目、9年目に専門スタッフがご訪問させていただき、電気点検等を実施いたします。ご契約完了後に契約証書を発行いたしますので、お手元で大切に保管ください。

太陽光発電10年工事保証

長く使うものだから、もしもの時に備える手厚い保証をご用意しました。

10年あんしんメンテナンス

運転開始から1年・5年・9年目に点検・計測
定期点検を行うことで、不具合を早期に発見し、長時間安心してお使いになれます。