問い合わせ・店舗検索

お問い合わせはこちら
0120-8210-45
10:00-19:00土日祝OK!
WEBでお問い合わせする お近くの店舗を探す

リフォームメニュー

太陽光発電・蓄電池

商品詳細

太陽光創蓄電システム QCELLS Q.PEAK-G4.1 305 HQJB-Aシリーズ

太陽光発電システムの仕様についてご紹介します

単結晶モジュール(パネル)

革新的なQ.ANTUMセル技術により、住宅用太陽光発電システムにおいて最高レベルの性能を実現する、Qセルズ最高峰の太陽電池モジュールです。
高性能単結晶Q.ANTUMセルは、低照度や高温になる夏場の晴天下など、実際の使用条件のもとで最大限の発電力を発揮するよう設計されています。

日本の屋根のさまざまな広さや形状に対応

複雑な屋根形状でも、3種類のモジュールを使い分け、設置容量を最大化

架台&設置金具

強度に優れた多様な設置金具で、日本の屋根にフレキシブルに対応。

Qセルズが曇りの日もよく発電できるその理由

札幌よりも高緯度、低照度の地、ドイツ・ライプチヒで研究開発されたQセルズだからこそ、日本の曇りの日もしっかり発電。

主な仕様

【太陽光モジュール】
形名:Q.PEAK-G4.1305
セル種類:単結晶Q.ANTUMセル
モジュール変換効率:18.3%
公称最大出力:30.5W
公称最大出力動作電圧:32.621V
公称最大出力動作電流:9.84A
公称開放電圧:40.05V
公称短絡電流:9.84A
質量:18.5㎏
外形寸法(㎜):W1,000×D32×H1,670


標準テスト条件(STC:1000W/㎡、25℃、AM1.5Gスペクトル)での性能〔STCの測定誤差±3%(Pm);±10%(Isc、Voc、Ipm、Vpm)〕
※1モジュール変換効率(%)=公称最大出力(W)÷(モジュール外形寸法(㎡)×放射照度(W/㎡))×100
※2真性変換効率(%)=公称最大出力(W)÷(モジュールのアパーチャ面積(㎡)×放射照度(W/㎡))×100モジュールのアパーチャ面積は1枚のセル全面積×1モジュールのセル枚数としています。(セルの全面積は非発電部分も含みます。)

太陽光発電で創った電気を蓄えて使うハイブリット蓄電システム

ハイブリット蓄電システムとは

一つのパワーコンディショナで、電気を「創る」「蓄える」の両方を実現。普段の生活も、停電時も、お得で安心に電気を供給。

通常、太陽光発電システムと蓄電システムを別々で運用する場合は、それぞれのシステムに「パワーコンディショナ」機器が必要です。
蓄電池側の蓄電・放電パワーコンディショナと太陽光発電システム側のパワーコンディショナを1台に組み合わせたハイブリット蓄電システム。システムの高機能化と設置コスト低減など、さまざまなメリットを実現しました。

ハイブリッド蓄電システムはこんなに便利

■夜間の安い電気で充電
電気料金は時間帯で変わります。例えば夜間料金は昼間の1/2以下。この夜間料金の電気を使って蓄電池に充電します。割安な深夜電力で蓄電池に充電しておけば、発電電力が足りない時に活用できます。

■ロスの最小化
蓄電池があれば太陽光発電も無駄にしません。太陽光発電の余剰電力は、電力会社に売ることもできるし、蓄電池に貯めておくことも可能です。売電の買取価格や電気料金の変化、ご家庭の電力消費ニーズに合わせて、運転モードを使いわけることができます。

■突然の停電にも安心
万一の停電発生時も、自動で電気を供給します。昼間に停電した場合、太陽光発電の電力を自立コンセントに出力しながら、蓄電池にも充電するため長時間の停電でも安心です。また、夜間に停電した場合は蓄電池に蓄えた電気を使うことができます。停電の発生時には、自動的に自立モードに切り替わります。

ハイブリッド蓄電システムの運転動作モード

売電優先や、自家消費優先など、3つの通常時運転動作モードを設定することが可能。太陽光発電で創った電気を、ご家庭の使用状況に応じて自在に使い分けることができます。
また、停電時には自立モードでバックアップ電力としても活用できます。

■経済優先モード
電気料金の節約をサポート。夜間電力で蓄電池に充電し、昼間は太陽光発電した電気を使用。余剰電力は売電して、朝夕は蓄電池の電気を使うことにより、電気料金を節約できます。

■環境優先モード
余剰電力は蓄電池に充電して、朝夕夜間までできるだけ自家消費を優先させます。停電に備えて設定により残量を変更することも可能です。

■蓄電優先モード
万一の停電に備える運転モード。常に満充電になるまで充電を行い停電に備えます。いつ起こるか分からない停電にも電気を充分使えて安心。暮らしを頼もしくサポートします。


■自立モード
停電が発生して電力会社からの電力供給が停止したときには、自立運転に切り替え、電気を供給します。昼間は太陽光発電した電気を使いながら充電し、夜間は蓄電池の電気を使います。

ハイブリットパワーコンディショナ(室外設置型)

高い変換効率のハイブリッドパワーコンディショナ
高性能の再大電力追従(MPPT)回線搭載で、業界トップクラスの変換効率96.5%を実現し、太陽光発電電力を最大化します。
さらに、朝夕、曇りなどの低照度のときでも効率よく運転するため、太陽電池モジュールとともに高い実発電量を実現します。

蓄電池ユニット(室内設置型)

停電時に炊飯器や電気ケトルが使用できる最大2kVAの高出力

DC/DCコンバータ

パワーコンディショナと蓄電池間の電圧調整

モニタリングユニットセット

カラーモニターはタッチパネルで簡単操作。
ワイヤレス通信方式を採用しています。
また、豊富なデータを表示し簡単に状況をチェックできます。

※すべての電力会社管内で使用できます。
※電力会社の出力制御対応には別途インターネット接続環境をご準備頂く必要があります。

充実のエディオン保証とメーカー保証で買った後も安心!

15年長期安心システム保証

Qセルズは国内最高レベルの15年長期安心システム保証(無償)。
Qセルズだから提供できるワンランク上のシステム保証により、業界で最長レベルの信頼と安心をお客様にお届けします。

※通信・表示器は1年保証
※パワーコンディショナは単相システムのみ
※当社販売品であっても、以下の商品は当社システム保証には含まれません、それぞれのメーカー保証になります。
 ・NEC製HEMS:5年保証
 ・NEC製蓄電システム:10年保証または15年保証を購入時に選択
 ・NTTスマイルエナジー製モバイルパックRS:1年保証
※オムロン製ハイブリッド蓄電システム(蓄電池ユニット、ハイブリッドパワコン、DC/DCコンバータ・計測操作ユニット・特定負荷用分電盤):システム保証期間にかかわらず10年保証(専用表示ユニットは1年保証)。Qセルズへのシステム保証申請に加えて、オムロン㈱への保証申請が必要となります。

25年長期出力保証

Qセルズだからできる25年の長期出力保証(リニアワランティ)。
費用対効果の面でも長期にわたって高いメリットを発揮します。

Qセルズの太陽電池モジュールは25年の長期出力保証(無償)。他の日本メーカー製品は、公称最大出力※の90%以上を保証していますが、Qセルズの太陽電池モジュールでは、初年度は97%を保証。2年目以降は毎年0.6%の出力低下を下限に出力を保証いたします。出力保証を1年単位で区切っている他のメーカーと比較しても、Qセルズは高い出力保証を実現しています。

※JISC8918に示された出力下限値:公称最大出力の90%

損害補償制度

あらゆる損害要素からご家庭の大切な財産と豊かな未来を守るため、損害補償制度も提供しております。

災害補償制度
太陽光発電システムを新規に設置いただいたお客様を対象に、人工災害及び自然災害等による損害を補償します。

日照補償制度
万一、日照不足が続いて設置した太陽光発電の発電量が低下した場合でも、安心な日照補償制度があります。



※損害補償制度免責事項について

太陽光発電10年工事保証

長く使うものだから、もしもの時に備える手厚い保証をご用意しました。

10年あんしんメンテナンス

運転開始から1年・5年・9年目に点検・計測
定期点検を行うことで、不具合を早期に発見し、長時間安心してお使いになれます。