家と砂時計

家のリフォームは築何年でやるべき?リフォームを行う基準やタイミングを解説

住宅は適切なタイミングで補修や設備交換をすることで、住まいを長持ちさせることができたり快適性がアップしたりするもの。リフォームの時期はケースバイケースですが、それぞれの箇所によってリフォームに適したタイミングの目安があります。無駄なコストをかけずに効率よくリフォームを進めるためにも、リフォームのタイミングを知っておくことは大切です。今回は築年数ごとのリフォーム内容や、箇所別のリフォーム周期について解説します。

1. 築年数ごとにおすすめのリフォーム内容

家を新築してから5〜10年のうちは、小規模なリフォームにとどまることがほとんど。レンジフードやビルトイン食洗機、シャワーヘッドなどの設備に不具合がでたときの買替えや、クッションフロアの汚れが気になったときの張り替えなどを行います。また戸建て住宅では5〜8年程度でシロアリ防除が切れてくるので、定期的な再処理が必要となるでしょう。

築10年をすぎると、トイレや洗面などの水まわり設備を中心に故障が見られ、設備の交換を行うことが多くあります。同時にクッションフロアや壁紙など、内装も張り替えると効率的です。また築10年前後のタイミングで、外壁や屋根の塗り替え時期もやってきます。

築15年くらい経つと、システムキッチンやシステムバスをまるごと交換するなど、少し大掛かりなリフォームをすることも。それと合わせてフローリングの張替えなど、気になる部分のリフォームも検討しましょう。

築20〜30年では住宅の老朽化やライフスタイルの変化に合わせて、住まい全体を見直すことも。間取り変更や増改築など、大掛かりなリフォームをすることも少なくありません。

築年数 おすすめのリフォーム
築5〜10年 ・シロアリ防除
・フロアタイル、クッションフロア、畳の張り替え
・レンジフード、ビルトイン食洗機、シャワーヘッドの買替え
築10〜15年 ・ビルトインガスコンロ、IHクッキングヒーターの買替え
・トイレ、洗面台の買替え
・ガス給湯器、エコキュートの買替え
・天井、壁のクロス貼り替え
・外壁、屋根の塗り替え
・太陽光発電システムのパワーコンディショナの買替え
築15〜20年 ・システムキッチン、システムバスの買替え
・フローリング、フロアタイル、クッションフロア、畳の張り替え
・シロアリ防除
築20〜30年 ・ガス給湯器、エコキュートの買替え
・外壁、屋根の塗り替え
・シロアリ防除
・家全体の大規模なリフォーム、間取り変更

築年数 おすすめのリフォーム
築5〜10年 ・シロアリ防除
・フロアタイル、クッションフロア、畳の張り替え
・レンジフード、ビルトイン食洗機、シャワーヘッドの買替え
築10〜15年 ・ビルトインガスコンロ、IHクッキングヒーターの買替え
・トイレ、洗面台の買替え
・ガス給湯器、エコキュートの買替え
・天井、壁のクロス貼り替え
・外壁、屋根の塗り替え
・太陽光発電システムのパワーコンディショナの買替え
築15〜20年 ・システムキッチン、システムバスの買替え
・フローリング、フロアタイル、クッションフロア、畳の張り替え
・シロアリ防除
築20〜30年 ・ガス給湯器、エコキュートの買替え
・外壁、屋根の塗り替え
・シロアリ防除
・家全体の大規模なリフォーム、間取り変更
各リフォームの費用相場はこちら
https://reform.edion.jp/blog/blog001/

2. 箇所別のリフォームのタイミング

2-1. キッチン

キッチンで最初にリフォーム時期をむかえるのが、レンジフードやビルトイン食洗機。いずれも使い方によって寿命は多少変わりますが、8〜11年程度が買替え時期の目安となります。

レンジフードの寿命が近づくと、吸引力が低下したり油汚れが落ちにくくなったりすることがよくあります。
ビルトイン食洗機も寿命が近づくと、水漏れが起こったり、きちんと洗浄や乾燥ができていなかったりして故障に気づくことも。修理できることもありますが、修理に高い費用がかかる場合は思い切って買い替えたほうがよいかもしれません。

システムキッチン本体のリフォーム時期の目安は、約15〜20年。扉や引き出しのがたつき、コーキングの劣化、キッチンパネルの汚れなどが気になったら、リフォームを検討されるとよいでしょう。また、家族構成やライフスタイルの変化があったときに、キッチンを最新式のものに交換したり配置を変えたりと、使い勝手よくリフォームされる方も多くいます。

リフォーム箇所 リフォーム時期の目安
レンジフード・ビルトイン食洗機の交換 約8〜11年
ビルトインガスコンロ・IHクッキングヒーターの交換 約10〜15年
システムキッチン本体の交換 約15〜20年

リフォーム箇所 リフォーム
時期の目安
レンジフード・ビルトイン食洗機の交換 約8〜11年
ビルトインガスコンロ・IHクッキングヒーターの交換 約10〜15年
システムキッチン本体の交換 約15〜20年

2-2. 浴室・洗面室

浴室のリフォーム時期は、約15〜20年が目安といわれています。壁や床のひび割れがあると、水漏れや構造体の腐食につながることもあるので要注意。また、カビや冬の寒さ、排水口のニオイなどが気になるときも、リフォームを検討するのがおすすめです。

また浴室本体より早めに耐用年数を迎えることが多いのが、ガス給湯器やエコキュート。10〜15年程度たつと、お湯の温度が不安定になったり、お湯が出るまでに時間がかかったりと不具合が出ることがあります。また給湯器の変形、水漏れ、ガスの臭い、煙が出るなどのトラブルは危険なため、早急にリフォーム会社に点検をお願いしたほうがよいでしょう。

洗面化粧台は10〜15年程度が買替え時期の目安。経年劣化による水漏れ、鏡や洗面ボウルの陶器などが割れる、汚れが取れないなどの悩みが出てきたら、リフォームを検討しましょう。洗面化粧台の交換と同時に、洗面所の壁紙や床材などの内装工事を依頼することも多くあります。

リフォーム箇所 リフォーム時期の目安
シャワーヘッドの交換 約5〜8年
浴室暖房乾燥機の交換 約7〜12年
ガス給湯器・エコキュートの交換 約10〜15年
洗面化粧台の交換 約10〜15年
システムバス本体の交換 約15〜20年

リフォーム箇所 リフォーム
時期の目安
シャワーヘッドの交換 約5〜8年
浴室暖房乾燥機の交換 約7〜12年
ガス給湯器・エコキュートの交換 約10〜15年
洗面化粧台の交換 約10〜15年
システムバス本体の交換 約15〜20年

2-3. トイレ

陶器製の便器は、汚れがこびりつきやすくなったり、変色やニオイなど気になることがでてきたら買替えを検討した方がよいかもしれません。便器が割れてしまった場合は、水漏れのリスクもあるので早めにリフォーム会社に相談しましょう。

また便器以外のパッキンやパイプなどの部品は約5〜10年、シャワートイレは約5〜8年と、便器よりも先に寿命を迎えるため、故障やトラブルがあれば修理や交換を検討しても。シャワートイレの不具合では、ヒーターが経年劣化で温まりにくい、リモコンが反応しにくいなどがよく見られます。

リフォーム箇所 リフォーム時期の目安
シャワートイレの交換 約5〜8年
トイレ本体(便器やタンク)の交換 約10〜15年

リフォーム箇所 リフォーム
時期の目安
シャワートイレの交換 約5〜8年
トイレ本体(便器やタンク)の交換 約10〜15年

2-4. 内装

壁や天井のクロスは、10〜15年程度が張り替え時期の目安といわれています。穴あきや剥がれ、黄ばみ、汚れなどが出てきたり、模様替えをしたくなったらリフォームを検討するタイミングです。

床材は変色、傷、凹み、きしみなどが出てきたら、リフォーム時期の目安。また床材の種類によっても、リフォームのタイミングに差がでてきます。水に濡れやすい場所、毎日歩く場所など傷みが進行しやすい場所もあるので、リフォーム時期はあくまでも目安としてとらえ、変色やきしみなどの劣化サインを見逃さないようにしましょう。

リフォーム箇所 リフォーム時期の目安
壁・天井クロスの貼り替え 約10〜15年
フロアタイルの貼り替え 約6〜10年
クッションフロアの貼り替え 約6〜10年
畳の張替え 約6〜10年
フローリングの張替え 約15〜20年

リフォーム箇所 リフォーム
時期の目安
壁・天井クロスの貼り替え 約10〜15年
フロアタイルの貼り替え 約6〜10年
クッションフロアの貼り替え 約6〜10年
畳の張替え 約6〜10年
フローリングの張替え 約15〜20年

2-5. 外壁・屋根

外壁や屋根は素材にもよりますが、10年前後経つと塗り替えの時期になります。色褪せやひび割れ、カビ、藻などの劣化サインが見られたら、表面の防水機能が落ちている可能性があるので、リフォームを検討しましょう。そのまま傷みが進行すると、内部まで雨水が入り込んで雨漏りや構造体の劣化などにつながり、大規模な修繕が必要になることも。余計なリフォーム費用をかけないためにも、定期的な塗り替えで外壁や屋根を守りましょう。

リフォーム箇所 リフォーム時期の目安
外壁・屋根の塗り替え 約8〜15年

リフォーム箇所 リフォーム
時期の目安
外壁・屋根の塗り替え 約8〜15年

2-6. 太陽光発電システム

太陽光発電パネルの寿命は20年以上使えることも多いといわれていますが、パワーコンディショナは約10〜15年で買替え時期がやってきます。パワーコンディショナはパネルでつくられた直流電気を交流に変換する機械で、もし故障すれば発電量が落ちてしまい大きな損失になることもあります。急な発電量低下や、異臭や異音など気になることがあれば、リフォーム会社に相談されると安心です。

リフォーム箇所 リフォーム時期の目安
パワーコンディショナの交換 約10〜15年

リフォーム箇所 リフォーム
時期の目安
パワーコンディショナの交換 約10〜15年

2-7. シロアリ防除

戸建て住宅ではシロアリが侵入してくるのを防ぐために、新築時にシロアリ防除の施工がされています。薬剤の種類によっても違いますが、5〜8年程度で効果が切れてくるため、そのタイミングで再処理をしましょう。定期的なシロアリ防除をおこたると、床下などにシロアリが侵入して、土台や柱などを食害されてボロボロになってしまうこともあるので、注意が必要です。

リフォーム箇所 リフォーム時期の目安
シロアリ防除 約5〜8年

リフォーム箇所 リフォーム
時期の目安
シロアリ防除 約5〜8年

3. まとめ

リフォームはなるべくまとめて行うことで、コスト削減にもつながることがあります。何かリフォームを検討し始めたときには、他にもそろそろリフォーム時期がきそうなものがないかチェックしてみるのがおすすめです。

リフォーム会社の現地調査で実際に家を見てもらうと、おすすめのリフォーム箇所やどのタイミングでリフォームを行えばよいかなど、アドバイスをもらうこともできます。設備の使いづらさや、外壁・屋根の汚れが気になりだしたら、リフォーム会社に相談をしてみましょう。

お問い合わせはこちら

10:00-19:00 | 土日祝OK
10:00-19:00 | 土日祝OK WEBでお問い合わせ
とじる
お問い合わせ・店舗検索
お問い合わせはこちら
ご相談・見積・無料
10:00-19:00 | 土日祝OK